フォルスコリンの副作用と効果・効能

フォルスコリンの副作用と効果・効能

フォルスコリンの副作用と効果・効能

 

フォルスコリンとは

フォルスコリンとは、コレウス・フォルスコリという
シソ科の植物の根の部分に含まれている有効成分です。

 

 

このフォルスコリンは、脂肪を燃焼する効果が期待されており、
ダイエットをサポートする成分として注目されています。

 

 

フォルスコリンが含まれているコレウス・フォルスコリは、
昔からインドの伝統医学であるアーユルヴェーダにおいて利用されていました。

 

 

フォルスコリンが持つ様々な作用は、アデニル酸シクラーゼという
細胞膜に存在する酵素を活性化させ、、cAMPという物質をつくり出します。

 

 

cAMPは、交感神経に作用し、心臓や血管などの自律神経に作用します。

 

 

また、cAMPはエネルギー代謝に作用する成分であるため、
cAMPの合成力を高めることによって脂肪の分解を促進し、
エネルギーとして消費しやすくする効果が期待できます。

 

 

これが、フォルスコリンのダイエットをサポートする作用なのです。

 

詳しくは、「フォルスコリンとは」へ

 

 

フォルスコリンの副作用

フォルスコリンはダイエットサプリとして人気ですが、
果たして副作用の心配はないのでしょうか?

 

 

フォルスコリンは、ダイエットサポート成分として人気がでました。

 

 

特に、脂肪燃焼に効果があるとして、サプリメント自体の売上も伸びています。

 

 

しかし、フォルスコリンの効果・効能は様々ありますが、
その効果・効能が過剰に作用する方もいるそうです。

 

 

それを、フォルスコリンの副作用として感じる方もいます。

 

詳しくは、「フォルスコリンの副作用」へ

 

 

フォルスコリンの効果・効能

フォルスコリンには、様々な効果効能があります。

 

・ダイエット効果
・高血圧の予防効果
・緑内障の予防効果
・血栓症を予防
・喘息の予防
・心臓病を予防
・筋肉の増加
・交感神経の正常化作用

 

詳しくは「フォルスコリンの効果・効能」へ