フォルスコリンの副作用に注意

フォルスコリンの副作用

フォルスコリンはダイエットサプリとして人気ですが、
果たして副作用の心配はないのでしょうか?

 

 

フォルスコリンは、ダイエットサポート成分として人気がでました。

 

 

特に、脂肪燃焼に効果があるとして、
サプリメント自体の売上も伸びているようです。

 

 

しかし、フォルスコリンの効果・効能は、
様々ありますが、その効果・効能が過剰に作用する方もいるそうです。

 

 

それが、フォルスコリンの副作用として感じる方もいます。

 

 

今ま人気のサプリメントですが、
フォルスコリンは、元々医薬品として利用されており、
医薬品の降圧剤にも含まれていたこともあります。

 

 

そのため、フォルスコリンの血圧を下げる作用で、
血圧が下がり過ぎた場合、目眩い・吐き気の副作用が出る場合があります。

 

 

もともと低血圧の方や、
血圧が高く病院から降圧剤を処方されている方は
フォルスコリンの服用は控えましょう。

 

 

また、成分自体が体に合わず、下痢の症状が出る人もいますので、
摂取した後して下痢や軟便が続く人は、フォルスコリンを控えたほうがいいでしょう。

 

 

ちなみに、下痢や軟便の場合は、フォルスコリンが合わないのではなく、
サプリメントの添加物自体が原因の方もいます。

 

 

例えば、添加物として使われているグリセリン。

 

 

このグリセリンが原因で、下痢や軟便になる方が意外と多いのです。

 

 

現在、摂取しているフォルスコリンサプリメントに
グルセリンが添加されている場合は、グリセリンを使用していない
サプリメントに変更してみることをおすすめします。

 

 

その他の作用として、フォルスコリンは脈拍をあげてしまう場合もあるため、
心拍数上昇による、立ちくらみ、息切れ、動悸、頻脈、
意識損失などの副作用の可能性もあります。

 

 

また、フォルスコリンは胃酸を分泌を促進するため、
吐き気、胸焼け、消化不良、胃痛の副作用の可能性もあります。

 

 

いずれにしても、副作用を避けるためには、
過剰摂取を避けること、摂取後に不調があればすぐ止めることです。