フォルスコリンのガン予防に期待

フォルスコリンとガン

フォルスコリンは、ガンの予防に効果が期待できるといわれています。

 

 

まず、ガンと腫瘍は同じように認識されていますが、
厳密に言うとガンと腫瘍は同じではありません。

 

 

腫瘍とは、細胞が異常に増殖することで、
その原因が取り除かれても、細胞の増殖が持続する状態の細胞のことです。

 

 

腫瘍には、良性腫瘍と悪性腫瘍があり、
悪性腫瘍のことを一般的には「ガン」といいます。

 

 

腫瘍は別名「新生物」とも呼ばれ、ガンのことを「悪性新生物」と分類されます。

 

 

良性腫瘍は、増殖のスピードがゆっくりで、
切除すれば再発することはほとんどありません。

 

 

それに対して悪性腫瘍は、異常に増殖し続け、
周囲の組織や遠くの臓器にまで広がります。

 

 

良性と悪性の区別は、
顕微鏡を用いた病理組織診断により行われます。

 

 

ガン細胞が約1cmの大きさに成長するまでには、
通常では5〜10年かかると考えられています。

 

 

また、ガンは発生する場所によって名称も異なります。

 

 

上皮細胞(粘膜や細胞の表皮部分)にできるものを「ガン」、
非上皮細胞(骨、軟骨、筋肉など)にできるものを「肉腫」、
造血器(血液、リンパ液、骨髄)にできるものを「白血病」、
「悪性リンパ腫」、「多発性骨髄腫」と呼びます。

 

 

一般的には、「ガン」と「肉腫」をまとめてガンといいいます。

 

 

最近の研究では、フォルスコリンが
ガン細胞の成長を阻害するということが分かりました。

 

 

フォルスコリンが免疫力を活性化してくれることが要因のようです。

 

 

また、ガンの中でも特に大腸ガンを予防するといわれています。

 

 

人の免疫力は、血流や体温、腸内環境などの体内環境で大きく変動します。

 

 

特に、人の免疫力の7〜8割を握っているのは腸内環境なのです。

 

 

現代人は、高脂肪食のため、
腸内環境が悪化しているといわれています。

 

 

そのため、大腸ガンが急増しているようです。

 

 

そこで、フォルスコリンが
低下する免疫力を活性化するとして注目を浴びています。

 

 

免疫力が活性化すると、
ガン細胞を食べてくれるNK細胞も活発化するため
ガンの成長を阻害してくれます。

 

 

ガン予防の免疫力アップのためにフォルスコリンを活用してみましょう。