フォルスコリンは高血圧の改善に効果的

フォルスコリンと高血圧

フォルスコリンは、高血圧の改善や予防に効果が期待できます

 

 

血圧とは、血液が心臓のポンプ作用によって全身の血管に押し出され、
血管の中を流れる血液が血管壁に与える圧力のことです。

 

 

心臓が収縮して血液を送り出すことを収縮期血圧または最高血圧といいます。

 

 

逆に心臓が拡張するときの血圧のことを拡張期血圧または最低血圧といいます。

 

 

高血圧とは、運動などで一時的に上昇する血圧とは違い
安静状態での血圧が慢性的に正常値よりも高い状態をいいます。

 

 

高血圧になると血管に常に負担がかかるため、
血管の内壁が傷ついたり、動脈硬化を起こしやすくなります。

 

 

この高血圧状態が長期間続くと、
脳卒中などの脳血管疾患や心臓病、腎疾患の原因となります。

 

 

高血圧の基準は、
診察室血圧値で140/90mmHg、家庭血圧で135/85mmHgで、
これ以上の場合は高血圧として治療が必要になります。

 

 

また、上の血圧と下の血圧の数値の差が
60以上差が開くと脳卒中や心筋梗塞の一歩手前ですので、
上昇値だけでなく、上と下の数値の差にも気をつけましょう。

 

 

フォルスコリンは血管壁に作用し、血管を拡張させることによって血圧を低下させます。

 

 

血管の拡張作用はとても重要で、
硬くなった血管や厚くなった血管壁の血管では、心臓の圧力に耐えられなくなります。

 

 

その結果、大動脈瘤の原因になったり、血管自体が避けてしまうことがあります。

 

 

フォルスコリンは、そのような状態の血管でも、
血管拡張作用が期待され、血管壁にかかる圧力を逃がすことができるのです。

 

 

その結果、フォルスコリンで
高血圧からくる合併症の改善・予防することができます。

 

 

ただし、元々血圧が低い方は注意が必要で、
フォルスコリンを摂取することで低血圧になる恐れがあります。

 

 

また、血圧降下剤を服用している方も、
治療薬と併用すると、血圧が下がりすぎる可能性があります。

 

 

そのため、お薬を服用している方は
お医者さんや薬剤師に相談してみましょう。