フォルスコリンは喘息に効果が期待

フォルスコリンと喘息

フォルスコリンは、喘息の予防に効果が期待できます。

 

 

喘息とは、気管支などの気道が炎症を起こし、
気管支内が腫れ、気道が狭くなる病気です。

 

 

その炎症が慢性化すると、気道の粘膜が変質化し、
気道が狭くなったまま元に戻らなくなってしまいます。

 

 

喘息の人の気道は、症状がないときでも
常に炎症をおこしており、健康な人に比べて
気道が狭くなって空気が通りにくくなっています。

 

 

また、炎症がおこっている気道はとても敏感になっていて、
ホコリやタバコ、ストレスなどのわずかな刺激でも狭くなり、
冷たい空気や熱い空気にさえ影響を受けます。

 

 

そして、その影響により気道が狭くなり、息苦しくなることがあります。

 

 

喘息の病院での治療は、
発作をおこさないための気道炎症の治療が中心となります。

 

 

年々、喘息の患者さんは増えており、
1960年代では子供、大人ともに1%前後でした。

 

 

しかし、最近の調査では、子供で約6%、
大人で約3%となっており、全体では400万人を超えています。

 

 

喘息の患者さんが増えている原因として、アレルゲンの増加、
排気ガスや工場排煙などによる大気汚染、化学物質、添加物、過労やストレス、
そして意外と多いのが冷え性による気管支の血行不良です。

 

 

喘息の症状としては、咳や痰、息苦しさや喘鳴、
胸の痛みやのどに感じる違和感などです。

 

 

また、最近では咳だけの喘息も増加しています。

 

 

喘息の発作が起こりやすい時は以下のとおりです。

 

・夜間から早朝
・季節の変わり目
・激しいい気温差
・疲れているとき
・風邪をひいたとき
・タバコの煙や線香の煙

 

 

フォルスコリンは、気管に直接作用し、
気管の筋肉を拡張さることから、喘息に効果があります。

 

 

気管の筋肉が拡張することで、
気道が広がり、息苦しさが軽減されます。

 

 

このような、フォルスコリンの喘息に対する効果は、
とある試験結果でも有効性が明らかになっています。

 

 

また、古くから民間療法として
喘息に効果のあるものとして用いられていました。

 

 

このことから、フォルスコリンは、
喘息の予防に効果が期待できる成分といっていいでしょう。