フォルスコリンはダイエットに効果的

フォルスコリンとダイエット

フォルスコリンは、効率的にダイエットをサポートしてくれる成分です。

 

 

まず、ダイエットにおける、脂肪燃焼のメカニズムとして、

 

@脂肪細胞から脂肪酸が血液中に飛び出す(カフェイン、フォルスコリン)

 

A脂肪酸がミトコンドリアに運ばれる(カルニチン)

 

Bミトコンドリアで、脂肪酸⇒エネルギーへ変換(コエンザイムQ10)

 

 

この流れがスムーズにいくことで
脂肪燃焼が促進され、体脂肪が燃えてくれます。

 

 

フォルスコリンは、@の働きを効率的にし、脂肪燃焼を効率的に促進します。

 

 

ちなみに、脂肪酸はそのままの形では、ミトコンドリアに運び込まれません。

 

 

脂肪酸はアシルCoAに変換され、
カルニチンと結びつくことによって、アシルカルニチンに変換されます。

 

 

そして、アシルカルニチンになって、はじめて、ミトコンドリアに入ることができます。

 

 

ということは、脂肪細胞から脂肪酸を取り出さなければ、
いくら頑張っても、脂肪酸自体がミトコンドリアに運ばれず、
脂肪燃焼できないということになります。

 

 

フォルスコリンは、アデニル酸シクラーゼという酵素を活性化させることにより、
脂肪細胞から脂肪酸を放出させることを促進し、
体脂肪の減少を効率的にし、ダイエットをサポートしてくれます。

 

 

また、テストステロンというホルモンの生成にも関わっています。

 

 

これは、ホルモン感受性リポたんぱくリパーゼを活性化し、
その結果、脂肪細胞に貯蔵された脂肪が分解され、
それがエネルギーとして利用されるようになります。

 

 

とある研究では、肥満の男性にフォルスコリンを
12週間にわたって摂取してもらった結果、偽薬に比べて、
体脂肪の減少量が多く、テストステロンのレベルも向上しました。

 

 

テストステロンのレベルが向上すると、
中でも筋肥大による筋肉増加、筋力の向上、
回復促進の作用があります。

 

 

脂肪は筋肉中の細胞のミトコンドリアで燃焼されるため、
筋肉が増加したり、筋力が向上すると
基礎代謝がアップし、さらに効率的にダイエットができます。

 

 

このように、フォルスコリンは体脂肪の減少に効果的であり、
ダイエットを効率的に行うことができます。