フォルスコリンの効果・効能はスゴイ

フォルスコリンの効果・効能

フォルスコリン効果効能をみてみましょう。

 

 

フォルスコリンは、ダイエットサポート成分として人気がでました。

 

 

特に、脂肪燃焼に効果があるとして、サプリメント自体の売上も伸びているようです。

 

 

◆ダイエット効果
フォルスコリンはアデニル酸シクラーゼを活性化させ、
脂肪の代謝を活発化させる効果があります。

 

このフォルスコリンの働きは、ダイエットの強い味方になります。

 

?肥満には、皮下脂肪型の肥満と、内臓脂肪型肥満があります。

 

特にヤバイのが内臓脂肪型肥満です。

 

内臓脂肪型肥満はやせ型の体型でも、
内臓に脂肪が溜まっている隠れ肥満の場合もあり、
生活習慣病の危険性があります。

 

しかも、痩せにくいのも内臓脂肪型肥満の特徴です。

 

ちなみに、スポーツ選手の場合は、
太って見えていでも、皮下脂肪型の方がほとんどです。

 

フォルスコリンは、体脂肪の分解を促進することによって、
肥満を予防する効果があります。

 

特に、内臓脂肪型の肥満に効果があるとされています。

 

 

◆高血圧の予防効果
フォルスコリンは、血圧を低下させる効果を持っています。

 

心臓が全身に血液を送り出す時に
血液が動脈の血管壁にかける圧力のことを血圧といいます。

 

血圧が高い状態が続くと、頭痛、めまい、動悸、息切れ、耳鳴り、
手足のしびれといった症状が現れるほか、動脈硬化の原因となります。

 

高血圧がさらに進行すると、
脳卒中や心筋梗塞、狭心症、動脈瘤などの病気になります。

 

フォルスコリンは、心臓の筋肉や血管壁に作用し、
血管を拡張し、血圧を低下させることによって高血圧を予防する効果があります。

 

 

◆緑内障の予防効果
フォルスコリンは緑内障を予防する効果があります。

 

緑内障とは、眼圧の影響で視神経がダメージを受け、
視野が欠損したり、進行すると失明にいたるといわれています。

 

フォルスコリンは、眼圧を低下させる効果があるので
緑内障を予防すると期待されています。

 

 

その他、フォルスコリンには、
以下のような効果・効能があります。

 

・血栓症を予防
・喘息の予防
・心臓病を予防
・筋肉の増加
・交感神経の正常化作用